2018.03.30 Friday

猫の尿管結石・腎結石 水腎症 SUBシステム 手術

0

    おなじみの尿管結石、水腎症。

    これぞ、SUBシステム症例(いいのか悪いのか?)。

    というような感じの子が来たので、ご紹介します。

     

     

    来院したのは、6歳になる雄猫のTちゃん。

    飼い主さんは、古くから当院に掛かられている方で、猫のこともよく知っています。

     

    来院した理由は、

    「最近、よく水を飲むんです」とのこと。

     

    若いし、体格いいし、「糖尿病かな??」なんて感じで血液検査をしてみると。。。

    BUN 71  Cre3.2  IP7.9・・・腎臓やられてんじゃん!!_| ̄|○

     

    すぐさまエコーとレントゲン

    わかりずらいですが、左右腎臓の中と尿管の位置に細かな結石が多発。

     

    エコーでは、左右腎臓ともにしっかり水腎症。

     

    決まりです。詰まってます。

    尿管閉塞といえば、このところ紹介症例ばかりでしたが。

    まさかうちの子がガーンネコ

     

    幸い、腎臓の数値もそれほど上昇しておらず、食欲もあるとのこと。

    尿検査でも、細菌感染は認められません。

     

    「そういうことなら」と、話し合い。

    「細かな結石は全て取ることはできません、SUBシステムが適応と考えます」

    とお伝えすると(実際にはものすごく詳しく話しますが)

    飼い主さんも、すぐに状況を理解していただき「お願いします」とのこと。

     

    その日の晩には、手術となりました。

     

    ここ数年、SUBシステムを使用して経験させてもらいましたが、

    何しろ細菌感染が命取りとなります。

    最初から感染を起こしている子もいるので、抗生物質で叩き、培養検査が陰性になって、

    それから入れてるのに、再度感染を起こします。

     

    感染を起こすと、腎機能にも影響が出ます。

    今回のような、感染の無い状況での閉塞は、間髪入れず設置する。

    どうも、その手しかないようです。

     

    当のTちゃんは、ゆっくりと腎機能も回復し、1ヶ月後にはCre1.9。

    入れた直後から、頻尿が継続していましたがそれも治り、調子も良さそう。

     

    まだ若いですから、なんとか長くもってもらいたい。願うばかりです。

     

     

    おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com

     

     

     

     

     

     

    2018.03.01 Thursday

    小学校の先生になる

    0

      2月はハードな症例がいくつも続いたので、ブログくらいはちょっと違う話にします。

      症例の話は、また次回。

       

      先日、獣医師会の仕事の一環で市内のとある小学校に行ってきました。

       

      対象は、1年生。

      「子犬、子猫について」という題材で授業をお手伝い。

       

      市内の小学校では、1年生は「動物の赤ちゃん」2年生は「動物園の獣医さん」という授業を行なっているらしく、

      実際に獣医さんの話を聞く機会を持ちたいという要望で、頼まれました。

       

      当獣医師会では、以前から教育委員会との事業を行っており、毎年要望のある学校に出向きお手伝いをしています。

      今回、私は初めて大役を任されました。

       

      とはいえ、スライドは以前獣医師会の先生が作ってくれたものを使うため、

      私は、1年生の子たちと盛り上がって終わり。

      うちの2人の子供も同じくらいなので、それくらいの子たちがどんなもんか、想像も付いていました。

       

      しかも、その小学校の1年生は2クラスしかなかったため、全員の顔を見ながらの楽しいひと時。

       

      スライド発表中は大盛り上がり、獣医さんに興味津々でいろんな質問をしてくれました。

      40分の授業もあっという間に終わり、終わった後も私の周りに集まってくれて質問の嵐!

      しまいには、握手を求められたりして!!

      ちょっとした、人気者気分です。

       

      ただ、最初に行った質問で、動物を飼いたいと思っている子たちはたくさん手を挙げてくれたのに、

      実際に犬や猫、その他小動物を飼っている家庭は意外と少なく、ちょっと残念。

      子供の頃から、言葉の通じない動物とのコミュニケーションを楽しめるといいですよね。

       

      実際、私の赤ちゃん時代は数匹の犬とともに暮らしていましたし、それからも何となく犬や猫のいる生活。

      で、こんな仕事。。。

       

      我々の時代にはなかったこのような小学校の授業。

      動物への接し方や大切に思う心を養っていくことは良いことだなと、しみじみ思います。

       

      それから数日後、嬉しいプレゼントが。

       

      みんなからのお手紙。

      楽しんでくれたようで、良かった、良かった。

       

      おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com

       

       

       

      2018.02.02 Friday

      猫の健康診断キャンペーン実施中!!

      0

        冬の寒い時期、猫ちゃんの健康診断を行ってみてはいかがでしょうか?

        血液検査と尿検査がセットになって少しお得です。

         

        加齢とともに起こる慢性腎不全など、病気の早期発見は非常に重要です。

         

        わからないことがあれば、お気軽にお問い合わせ下さい。

         

         

        おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com

        2018.01.27 Saturday

        犬の脳炎 GME(肉芽腫性髄膜脳炎) 壊死性髄膜脳炎(パグ脳炎) 治療

        0

          問い合わせが多い、脳炎の治療。

          前回のブログからずいぶん経過していますので、経験して分かった治療に関しても書こうと思います。

          が、それに先立ち、ショートレクチャー。

           

          脳炎治療の基礎知識

          • 脳炎には、やられている部位により種類がいくつかあります。
          • 現時点では、脳炎の種類によって推奨されている治療法が異なります。

           

           

          壊死性髄膜脳炎(パグ脳炎)を患って、うちの病院に居候していた黒パグの珊瑚。

          先日のブログにも書きましたが、昨年の秋に亡くなりました。

           

          実はこの珊瑚、当初はステロイドとシクロスポリンでコントロールしていたのですが、

          何しろ副作用に悩まされ、当時は飼い主さんと「どーするかなー??」って2人で悩んでいました。

           

          もちろん、けいれん発作は起こるので発作を止める薬は続けていましたが、

          仕方がないので、免疫抑制系の投薬はやめてみたりして・・・

           

          1歳で発症して、途中死にそうな時もあり。

          両目の視力は障害され、右回りしかできず、時々けいれん発作を起こす。。。

           

          それまで経験していたパグ脳炎は、ひどいと1年ももたず亡くなってしまうこともあったので、

          この子は本当に脳炎なのか??なんて思った時もありましたが。

           

          最期の1週間は、発作が頻発。麻酔薬で眠る日々。

          それでも亡くなる日の夕方にはご飯を食べる時間もあったりして。

          頑張って7歳まで生きてくれました。

           

          途中、やりようがなかったので、試しに行っていた免疫抑制療法が、効いたのかは定かではありません。

          最近お付き合いのある、脳神経科の先生曰く

          「あの治療は、パグ脳炎に効くといったエビデンスがまだないんですよね。論文が出てくれないかな?」って。

          今のところは、やはりステロイド+シクロスポリンが主流とされています。壊死性白質脳炎も同じです。

           

          ただし、GMEには効きます(実感として)。しっかりデータもあるようです。

           

          現在、うちの病院で管理しているGMEの子は1頭。

           

          この子の場合は、「おかしいんです」って来院してGMEが濃厚に疑わしかったので、

          あえてステロイドも使わずに、先ほど話に出た先生にすぐ連絡を取りしっかりとした診断もつけてもらいました。

           

          その後、ステロイド+シクロスポリンのコンビネーションは一切やらず、最初から現在の治療法。

          当初は、視力も障害され姿勢もいまいちうまく保てない感じでしたが、かれこれ、1年半。

          1回休薬してもいいんじゃないかって思うくらい。

          すこぶる調子がいい!!

           

          飼い主さんとの話し合いで、治療は継続していくことに決定。

          副作用が出ることもなく、このまま長くコントロールできることを願います。

           

          片や、友人の病院で管理していた子は、同じ治療をしても数ヶ月しかもたなかったとのこと。

          脳炎の治療は、未知数が多いことを感じます。

           

          前回のブログにも書きましたが、何れにしても脳炎はコントロールしていく病気です。

          どのくらい保てるか???

           

          そんな病気ですから、

          治療を行なっている先生といっぱい話して、悔いのないように。

           

          専門医ではないので、経験値でしか語れませんが、問い合わせがくる皆さんにそう伝えています。

           

          おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com

          2018.01.01 Monday

          HAPPY NEW YEAR 2018

          0

            あけましておめでとうございます。

            スタッフ一同より良い医療を提供できるように、邁進してまいります。

            本年もどうぞよろしくお願いいたします。

             

            毎年恒例の富士山です。

            今年の元日も綺麗に見れました!!

             

            海は・・・フラット

            初乗りはお預けですね。

             

            よい一年となるよう祈っています。

             

            おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com

            続きを読む >>
            Calendar
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728293031
            << March 2018 >>
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM