2019.01.01 Tuesday

Happy New Year 2019

0

    あけましておめでとうございます。

     

    本年もスタッフ一同より良い医療のご提供が出来るように努力してまいります。

    皆様にとって良い年でありますようにお祈りいたします。


    毎年恒例の富士山ショット。

    今年は朝曇っていたため諦めていましたが、8時ごろからしっかり顔を出してくれました。

     

    本年も、よろしくお願いいたします。

     

    おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com

     

    2018.12.31 Monday

    今年も無事に終了。

    0

      あっという間に大晦日。

      なんとか大掃除も終わって、今年も無事に終わりそうです。

       

      とは言え、28日には結石が尿道に詰まった子の手術。

      「正月に詰まられても大変だからね、年内にやっちゃおうか!?」

      「その方が安心です」飼い主さんの一言で決定。

       

      これで安心と思いきや、昨日は午後から後輩の病院に行って手術。

       

      「求められているうちが花」頑張れるだけ頑張りますが。。。

      これを書いている段階で眠気が襲ってきています。目が勝手に瞑って・・・・

       

      年の瀬にもう病気のことは書きたくないので、うちのちびっこの話題にします。

      4ヶ月を迎えた、ニコル。

      「日向ぼっこして、飛んでます」

       

      定期的に診察に来る患者さんも、私の顔をみるなり「今日はいないの?」の一言。

      リクエストに答えて連れて来れば診察そっちのけで、戯れて。

      スタッフは、嬉れションの掃除して・・・

       

      「じゃあ、こっちでやっときますね!」なんて。

      いいんだか悪いんだか・・・

      みなさま、良いお年をお迎えください。

       

      私は、入院もいるので仕事正月決定です。

      今日の診察でも、何件かの方には、

      「大丈夫!正月いますから!なんかあったら電話して!!」って言っていた気がします。

      来年も頑張りまーす。新年は5日から診察開始です。

       

      おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com

       

      2018.11.30 Friday

      新しい家族が!!!!

      0

        ついに!! 新しい家族が増えました!!!

         

        A.コッカーのニコルです。3ヶ月。

         

        わたくし、どうにもこうにも・・・スパニエル族が好きらしく。

        スパニエル・スパイラル(通称S S?)に迷い込んでいます。

         

        まあ、だんだん本性が出てきて、やんちゃしてますが。

        家族はもちろんのこと、スタッフや、馴染みの患者さんまで。

        「今のうちじゃないと抱っこできない」とばかりに、みんなに可愛がられています。

         

         

        久しぶりの子犬教育。「こうだったな」なんて思い出しながら奮闘中。

        そして、絶賛、癒され中。

         

        これからよろしくお願いします

         

        おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com

         

         

         

         

        2018.11.20 Tuesday

        イエロードッグプロジェクト

        0

          黄色いリボンが目印の「イエロードッグプロジェクト」
          https://matome.naver.jp/odai/2140021383881594701

           

           

          色々な理由で、触ってほしくない子達がいます。

          色々な理由で、他の子が怖い子達がいます。

          飼い主さん達も、恥ずかしがらずにリボンつけてみたら良いと思います。

           

          実際には、去年亡くなったうちの犬もそうでした。極度の人見知りの犬見知り。

          なので、散歩は極力1人(1犬)

           

          こんなことが周知されてくると、良いことが増えそう。

          うちの病院でも少しずつ勧めてみようと思っています。
          すでに知っている方もいると思いますが、今後は散歩中にこんな子達に遭遇するかもしれません。

           

          おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com

          2018.09.29 Saturday

          休んできました

          0

            先週は、年に一度の休暇をいただきリフレッシュ。

             

            IMG_4064.jpg

            毎年恒例となりつつありますが、夏を求め南の島へ。

            台風も、気を使ってくれたみたいで、連日快晴!

             

            子供たちもまだ小さいので、美味しいものより、素敵な景色より、

             

            プールと海!!

             

            これさえあれば、何も文句が出ません。

             

            まあ、私も茅ヶ崎に住んでるくらいですから、水遊びは大好き。

            みんなの意見が一致します。

             

            IMG_4068.jpg

            IMG_4219.jpg

            泊まったホテルの近所には、地元の料理とお酒がいただける最高の居酒屋も発見。

             

            そのつもりはなかったのですが、あの有名な歌姫の引退と重なったりして(花火は遠くからみてきました)

             

            休み中は何事もなかったようでほとんど電話も鳴らず。

            「うちの子たちは、なんていい子たちなんだ」と感謝。携帯電話を枕元に置かない生活を満喫!!

             

            家族も楽しんでくれて、今年も思い出いっぱいの旅となりました。

             

            戻ってきた途端、待ってましたとばかり病気の子達が重なっていますが。

            大丈夫、頑張ります。頑張れます。

             

            おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com

             

             

             

             

             

             

            2018.06.30 Saturday

            悪性腫瘍にため息 待合室のリニューアルと植木屋さん

            0

              5月は、毎週水腎症の子が来院。

               

              やっと終わったと思いきや、6月は悪性腫瘍の嵐。

              人も動物も、癌は死因の一位にあげられます。

               

              病気になる子達を全て治してあげられればいいと願うのですが、なかなかそうはいきません。

               

              特に悪性腫瘍の子達は、完治ということはほとんどなく、

              外科手術で摘出に挑むのですがそれも全てがうまくいくとも限らず。

              開けてみてみたら、頑固な癒着と血管新生で手がつけられないなんてことも。

               

              そんな悪性腫瘍は一番上手くいって、

              寛解(かんかい:腫瘍が悪させず静かになってくれている状態)をキープさせること。

              外科手術や抗がん治療を行い、「癌と付き合って生きていく」。そのようなイメージとなります。

               

              辛い症状をどうやって緩和してあげられるか?

              看病している飼い主さんの気持ちをどうやって救ってあげられるか?

               

              癌治療の時に限らず、我々獣医はそんなことをいつも考えています。が、

              それにしても、手も足の出ない子達が続き何例も背負っていると、

              時より思いを巡らし頭を抱え、ため息が増えます。

               

              そんな6月。

              今年は、梅雨なのに珍しく波も続き、気がついたら梅雨明け?のような連日の夏日。

              ため息が理由ではないのですが、フレッシュな気分になれるように待合室の模様替えをしました。

               

              以前から、置いてあった「ザミオクルカスさん」もう8年くらいになるでしょうか。

              数年前に増えすぎたため株分けしたのですが、また株もどし?(こんな言葉あるのか知りません)。

              今年はいつになくピカピカの新芽を出して頑張っていますが、どうにもバランスが良くなくなり。

              自宅の方へ、ご隠居状態。

              IMG_3795.jpg

               

              そんな中、新しい仲間が。

              「カシワバゴムのバンビーノさん」。沖縄からいらっしゃいました。

              ちなみに、誤解があるといけないのでくわえますが、

              バンビーノって名前は私がつけたわけではなく、元からその名前です。

              IMG_3793.jpg

              すらっと伸びた姿は、この種類には珍しく(植木屋さんが言ってました)

              西日を避けるにもちょうどいい感じ。

               

              IMG_3794.jpg

              まさに、柏餅の葉っぱに似ています。

               

              それともう一つ、植木屋さんが「こんなのもありますけど、どうですかね?」

              って提案してくれた、流木オブジェ。

              嫁さんとスタッフとみんなで一目惚れ。がこれです。

              IMG_3806.jpg

              流木にエアプランツ。

              台座もおしゃれな感じに仕上がってます。

               

              自宅の方には、以前購入したサボテンさんも(嫁さん所有)

              IMG_3805.jpg

              ちょっと先っぽが伸びてきています。

               

              何しろ、おしゃれな植物を色々と提案してくれる植木屋さん。

              気になる方は、お気軽にお聞きください。

               Facebook リンクしておきます。

              https://www.facebook.com/styledunature/ 


              おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com


              2018.05.30 Wednesday

              満開!!

              0

                5月は、フィラリア・・・

                そして今月はなぜか、毎週火曜日になると水腎症の犬や猫がやってくる。

                通常の病気の子たちもやってくる。

                 

                全く休みがありません。

                今回は仕事は忘れて、癒し系の話題にします。

                 

                過去のブログを見返していると、

                昨年も同じようなことをつぶやいていました泣き

                 

                昨年植え替えたシンボルツリーのフェイジョアさん

                http://okubo-vet.jugem.jp/?eid=865583

                 

                2年目になる今年は、

                満開です!!!ゆう★

                 

                ゴールデンウィーク頃から、つぼみが出始めて。

                毎日見てると面白いようにニョキニョキと。

                いつ頃咲くのかな?なんて思っていたら。

                梅雨に入るこの時期、一気にきました!!!!

                 

                 

                南国チックな、この花。

                娘は、フワフワな感じを指でつまんで楽しんでいました。

                 

                 

                以前のブログにも書いたのですが、この木は実もなるようで。

                2本ないとダメという話も聞きますが、どうでしょうか?!

                第1回収穫祭、開催できるのでしょうか??

                 

                乞うご期待。

                実は食べれて、美味いという噂も。

                ご希望があれば、みなさんにもお裾分けいたします。

                 

                飼い主さんたちによく言われることですが、

                倒れないように頑張りまーす手

                 

                っと、今回はこのくらいで終わり。

                長い1ヶ月でした。

                 

                おおくぼ動物病院 www.okuboo-vet.com

                続きを読む >>
                2018.03.01 Thursday

                小学校の先生になる

                0

                  2月はハードな症例がいくつも続いたので、ブログくらいはちょっと違う話にします。

                  症例の話は、また次回。

                   

                  先日、獣医師会の仕事の一環で市内のとある小学校に行ってきました。

                   

                  対象は、1年生。

                  「子犬、子猫について」という題材で授業をお手伝い。

                   

                  市内の小学校では、1年生は「動物の赤ちゃん」2年生は「動物園の獣医さん」という授業を行なっているらしく、

                  実際に獣医さんの話を聞く機会を持ちたいという要望で、頼まれました。

                   

                  当獣医師会では、以前から教育委員会との事業を行っており、毎年要望のある学校に出向きお手伝いをしています。

                  今回、私は初めて大役を任されました。

                   

                  とはいえ、スライドは以前獣医師会の先生が作ってくれたものを使うため、

                  私は、1年生の子たちと盛り上がって終わり。

                  うちの2人の子供も同じくらいなので、それくらいの子たちがどんなもんか、想像も付いていました。

                   

                  しかも、その小学校の1年生は2クラスしかなかったため、全員の顔を見ながらの楽しいひと時。

                   

                  スライド発表中は大盛り上がり、獣医さんに興味津々でいろんな質問をしてくれました。

                  40分の授業もあっという間に終わり、終わった後も私の周りに集まってくれて質問の嵐!

                  しまいには、握手を求められたりして!!

                  ちょっとした、人気者気分です。

                   

                  ただ、最初に行った質問で、動物を飼いたいと思っている子たちはたくさん手を挙げてくれたのに、

                  実際に犬や猫、その他小動物を飼っている家庭は意外と少なく、ちょっと残念。

                  子供の頃から、言葉の通じない動物とのコミュニケーションを楽しめるといいですよね。

                   

                  実際、私の赤ちゃん時代は数匹の犬とともに暮らしていましたし、それからも何となく犬や猫のいる生活。

                  で、こんな仕事。。。

                   

                  我々の時代にはなかったこのような小学校の授業。

                  動物への接し方や大切に思う心を養っていくことは良いことだなと、しみじみ思います。

                   

                  それから数日後、嬉しいプレゼントが。

                   

                  みんなからのお手紙。

                  楽しんでくれたようで、良かった、良かった。

                   

                  おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com

                   

                   

                   

                  2018.01.01 Monday

                  HAPPY NEW YEAR 2018

                  0

                    あけましておめでとうございます。

                    スタッフ一同より良い医療を提供できるように、邁進してまいります。

                    本年もどうぞよろしくお願いいたします。

                     

                    毎年恒例の富士山です。

                    今年の元日も綺麗に見れました!!

                     

                    海は・・・フラット

                    初乗りはお預けですね。

                     

                    よい一年となるよう祈っています。

                     

                    おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com

                    続きを読む >>
                    2017.11.14 Tuesday

                    皆さまへご報告

                    0

                      9月の初旬。

                      13年間一緒にいた、うちの犬(ロコ)が亡くなりました。

                       

                      開業当初、テナントで病院をやっている時代には毎日の様に一緒に通勤していたので

                      古くから通っていただいている患者さんには、よく知ってもらっていましたし、

                      同級生(同じ年)の子たちは、まだまだ健在な子もたくさんいます。

                       

                      まあ、人に慣れない犬で・・・本当に苦労しましたが。

                      今となっては、それもまた獣医としても飼い主としてもいい経験になりました。

                       

                      症状が出始めて、検査して、診断して。

                      治しようがなかった病気だったため、病気の結末はわかっていました。

                      わかっていたので、「ものすごく苦しんだら楽にさせてあげようか」と心に思っていましたが、

                      なかなか、そこの境界線は引くことができず。

                       

                      結局、自然にお迎えが来るその日まで看取る様な感じとなりました。

                       

                      2〜3日前からほとんど動き回ることもなく、「もうそろそろかな」なんて内心感じていたのですが、

                      亡くなった日の明け方、突然「ワン!」と大きな声。

                      「なんだ!!?」

                      そう、それはまさに呼ばれた感じ。直感的に。こういう事する犬なんだな。


                      この仕事をしてるといろいろな子に出会います。なかには亡くなる前日に病院へ会いに来てくれた子も。

                       

                      結局、その日の昼過ぎ。

                      息子も娘も帰宅して、みんなで最期を見守り天国へ逝きました。

                       

                      あれから2ヶ月ちょっと。

                      だいぶ、犬がいない生活にも慣れてきて。

                      こうしてブログにも報告を書けます。

                       

                      いなくなった直後は、

                      外から車で帰ってきて病院の駐車場に停めると、近所のよその犬が鳴いているのに、

                      一瞬・・・「またうちのが鳴いてるよ」・・・

                       

                      あぁ、やっぱりこうなるんだなって。

                       

                      時を同じくして、飼い主さんが亡くなってしまい病院に2年間居候していた

                      「パグ脳炎を患っていた黒パグの珊瑚」も最後は止まらない発作で亡くなってしまい・・・

                      ザ・パグ脳炎って感じでしたが、1歳で発症して7年間。良く頑張ってくれました。


                      なんかみんな、バタバタと・・・

                       

                      今は、近所のおじいさんが連れてきてそのまま譲り受けた

                      元ノラ猫のリトル(雄猫のくせに3kgしかないので、この名がつきました)がのんきに暮らしています。

                       

                      まあそんなこと言ってても、そのうち新入りが増えると思います。

                      また、その時は皆さんよろしくお願いします。

                       

                      おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com

                       

                      Calendar
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << January 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM