<< 2014年カレンダー | main | 犬 膝蓋骨内方脱臼 手術 前編 >>
2013.12.17 Tuesday

ダックス 椎間板ヘルニア 手術

0
    椎間板ヘルニアの手術。
    個人的には寒くなってくると多く診る気がしますが、以前も書いたとおり軽症の子であれば内科治療で良くなることが多いため、手術を行う重症の子は年間数例しかいません。

    そんな中、今回はちょっと特殊なケースだったのでご紹介します。

    来院したのはなんと14歳になるM.ダックスの男の子(?言ってみれば、おじいちゃんです)
    昨夜から突然腰が立たなくなってしまいまいた。
    詳しく検査をしてみると、神経の反射は椎間板ヘルニアを疑う所見でした。
    とにかく、入院してもらい点滴で薬を投与して24時間経過観察。。。。いまいち反応がありません。
    排尿や排便は可能ですが、歩くことはもちろん自力で起っていることさえ困難な状態です。
    しかも痛みも強いようで、触るとおもいっきり怒る感じ。

    そして、飼い主さんとご相談。
    「薬に対する反応はあまり良くないようです、確定診断のためにはMRIが良いと思います。さらには、椎間板ヘルニアだった場合うちの病院で手術は可能ですが当然全てが全身麻酔になります。14歳という年齢が少しネックになりますが、どうしましょう?」

    飼い主さんは、即決。「MRI撮ってきます。手術も可能ならお願いします。」
    実際、この子はもうずいぶん長いこと診察させてもらっていますが、14歳といえどもまだまだ若いもんに負けない的な感じで元気いっぱい。個人的に見てもこのまま歩けなくなってしまうのはちょっとつらい。。。。手術自体はやってみないと正直どこまで回復するかは不明ですが、麻酔に耐えられないような体の状態でもない。
    「わかりました、やってみましょう!!」

    手術は1時間ほどで順調に終わり、圧迫していた椎間板物質もごっそりとれました(といっても、数ミリの大きさの世界ですが)。
     (摘出した椎間板物質の一部です)
    あとは、祈るのみ。。。
    手術翌朝には腰の痛みもとれたようで、少し穏やかになり徐々にリハビリを開始。。。。

    術後1週間の抜糸のときには、かなり改善!!起たせてあげれば結構しっかり起っていられるかんじに。
    さらに1週間(術後2週間)。。。歩いてます!!まだまだおぼつかないところもありますが、かなりいい感じ!
    ちょっと小走りしちゃうかんじも見られ、飼い主さんにも笑顔が戻りました。
    もちろん、当の本人も喜んでます!!手

    高齢になってからの手術、みなさん悩むことも多いかと思います。
    実際私自身もどこまでお勧めするか症例によっては悩む時があり、飼い主さんと話し合いが続くことがあります。
    今回のような飼い主さんの判断も、少し参考になればと思います。

    おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com

     
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM