<< Happy New Year 2015 | main | 猫の尿管閉塞 手術 腎瘻(じんろう)チューブ 尿管ステント設置 前編 >>
2015.01.09 Friday

犬 脂漏症 アレルギー性皮膚炎 スキンケアの重要性

0
     当院では、重度のアレルギーや脂漏症による皮膚のかゆみを訴えている子に対して、
    週に1回のペースでマイクロバブルを併用したスキンケアシャンプーを治療の一環として行っています。
    http://blog.okubo-vet.com/?eid=865489

    そんな子の中から、治療の成果をご報告いたします。

    かれこれ1年前の話になりますが、ひどい痒みと脱毛をともなったKちゃんが来院されました。
    皮膚は赤くただれ、掻くとすぐに出血してしまうようなひどい状態でした。

    当然、アレルギーの問題もありそうでしたので血液検査で診断。
    食物アレルギーもアトピー性皮膚炎もしっかりと発症していました。
    アレルギーに関しては食事の変更や、投薬によってコントロールできそうですが、
    まだまだ痒みと脱毛は残り・・・
    そうです、脂漏症です。

    以前にもお話いたように、脂漏症は薬では治りません。
    徹底的なスキンケアが中心となります。

    飼い主さんも理解をしてくださり、試すこと現在約1年経過。


    現在はアレルギーに関してもステロイドはいっさい使わず。
    かなり改善してきました手
    飼い主さんもがんばって通ってくれています(頭が下がります)。

    これからも治療とシャンプーは続けていかなくてはいけませんが、
    がんばりましょう!!

    先日、小児のアトピー性皮膚炎の予防に保湿剤が良いと、ニュースでやっていました。
    まさにそのとおり、スキンケアは保湿が命です。(実感しています)

    おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com
     
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM