<< 犬の膀胱炎 こんな感じは要注意 | main | 動画撮影のすすめ >>
2015.08.21 Friday

犬の脳炎 治療法

0

    犬に起る脳炎。

    ウイルスや細菌などの感染によっておこるタイプと
    原因不明で免疫が関与していると考えられているタイプとに分かれます。

    脳の障害が起きている部位によって症状は様々ですが、一般的に
    けいれん発作、四肢のふらつき、起立困難、失明、旋回、捻転斜頸・・・などが見られます。

    院内の血液検査やレントゲン検査では診断することはできませんが、
    MRIや脳脊髄液の検査によって診断が可能ですので、多くは専門医のいる大学病院などの受診をお勧めしています。

    感染性の脳炎は治療の可能性もあるのですが、

    根本原因が分からない壊死性髄膜脳炎(NME)や壊死性白質脳炎(NLE)、肉芽腫性髄膜脳脊髄炎(GME)、特発性脳炎(自己免疫性)などでは、
    けいれん発作を内服薬で抑えていくような対症療法は別として、
    原因治療は、高用量のステロイドや免疫抑制剤(シクロスポリン)の投与が一般的ですが、
    効果があっても一時的であったり、副作用の問題、薬が高価であることなど頭を悩ませることも。

    現在、脳炎と闘う子が2頭。
    脳炎になるとあっと言う間に亡くなってしまうことも多いのですが、
    症状は出つつもそれぞれ1年以上がんばっています。

    2頭とも他院にて大学病院へ紹介され脳炎と診断。
    その後それぞれの紹介病院にて継続的にステロイドやシクロスポリンなどの投与を行い治療。
    症状はある程度安定していたのですが、ひどい副作用に悩まされていました。

    そんな中、縁あって当院へ転院。
    それぞれ診断された大学病院の先生にコンタクトをとり、現状と今後の治療について相談。
    やはりステロイドやシクロスポリンの投与による免疫抑制療法でいくしかない・・・とのアドバイス。

    まあしばらくは、副作用はあるものの症状も安定して良かったのですが。。。。。_| ̄|○

    1頭の子は、ある日を境にみるみる悪化0口0
    いままで効いてた薬も効果はなく・・・
    新たな薬をくわえるものの、それもダメ。
    「これ以上他にあるのか?」と悩むこと数日。

    そこで、定期的に出席している神経科の勉強会にて、
    「現状こんな感じなのですが、なにか他に治療法ありませんか?」とダメ元で質問しました。

    すると、先生は即答で
    「今はこんな薬を使ってますよ!効果ありますよ!」
    「え!!!マジで
    元々神様みたいな先生ですが、まさに神様(興奮しすぎて何を言っているのかわかりません汗

    その治療方法が記載されている海外の論文を見せていただき、根掘り葉掘り質問の嵐!
    病院に帰ってきて、更に調べてみると日本での論文発表(症例報告)もあるではないですか!!

    http://www.hokkaido-juishikai.jp/wp/wp-content/uploads/2014/05/1101-09.pdf


    翌日には飼い主さんに提案。
    薬を手配して投与開始。

    もう1頭の子の飼い主さんにも提案し、もちろん投与開始。

    投与プログラムが終了するのは約1年後。

    とにかく今の状態がキープできることを祈ります!

    ??・・・
    お気づきの方いらっしゃるかと思いますが
    そう、「キープ」なんです。
    中にはかなり炎症が治まる子もいるらしいのですが、
    一般的には効果があったとしても発症後3〜4年しか生きられません。
    残念ながら現時点ではこれ以上の治療法はなさそうです。
    根治は・・・なかなか難しいというのが現状です。

    こんな脳炎、予防法もありませんのでとにかく診断し、あとはやるしかありません。

    このようなことが身につけられる。
    専門家の勉強会に出席していて、ほんとうに良かったと思う瞬間です。
    全ての科の最新論文を読みまくることは正直できません。

    当たり前のことですが、「現役中は、ずっと勉強」ということになりそうです。


    これから先も山あり谷ありだと思います、飼い主さんの介護も必要です。
    病院としても出来るかぎりサポートします。
    Lちゃん、Sちゃん。一緒にがんばっていこう!!

     

    追伸

    この記事をご覧の方々へ

     

    経験して分かってきた各種脳炎治療に関しての記事を掲載しています。

    あわせてご覧ください、治療法の参考になれば幸いです。

    http://okubo-vet.jugem.jp/?eid=865595

     

    おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com

     

    コメント
    我が家のチワワも壊死性白質脳炎で余命宣告されました。現在ステロイドとアトピカ服用しております。副作用で肝臓の数値が悪くなっています。
    通院中の先生はこの薬でしか壊死を遅らせる事ができないと言っておられたので、このブログを読ませて頂き、ステロイド以外で良い薬があるなら教えて頂きたいと思ってコメントさせて頂きました。
    大阪に住んでいるので、直接診察して頂く事が難しいので失礼とは思いましたが、連絡させて頂きました。
    どうぞ宜しくお願い致します。
    • 猪熊 
    • 2015.12.11 Friday 21:31
    壊死性白質脳炎とのことですが、基本的にはステロイドとシクロスポリンの併用が最も知られている治療法かと思います。ただし猪熊さんがお悩みのように、肝臓障害などの副作用がみられることが多いです。私も神経学の専門家にアドバイスを受け初めて使用する薬(治療法)で治療を継続していますが、症状的には一進一退といった感じです。現在の獣医学では治すことが非常に困難な病気ですので、進行を遅くさせるための治療が中心となり、治療が上手く行ったとしても残念ながら3〜4年くらいしか生存が期待できません。
    当院で現在管理している子たちは、飼い主さんといつも話をして病気を理解し受け入れてもらった上で、日々の生活を送っているというのが現状です。
    • 大久保
    • 2015.12.12 Saturday 09:15
    大久保先生
    始めまして。「脳炎、免疫抑制剤」で検索していてたどり着き、質問させて
    頂きたいのです。
    愛犬も2015.2月に壊死性髄膜脳炎と診断され、1年よい状態を保てましたが、今年に入ってから発作がでるようになり、ステロイドの量も増え、弱ってきました。
    アトピカ、プレドニン、臭化カリウム、コンセーブ、イソソルビドで治療しており、
    今年にはいって、イーケプラも使うようになりました。
    イーケプラは効かなくなるとのことで、切ろうとしましたが、きるとすぐ発作が
    でます。
    先生の記事の新しい薬の名前を教えていただけませんでしょうか。
    現状、次の手がなく、今度ホームドクターのすすめで大学病院の先生にも相談にいくのですが、(日獣)、そのお薬の使用法や症例などを伺いたいと思いました。
    1年前の記事にコメントで質問して失礼かとは存じますが、ご助力いただけると幸いです。
    よろしくお願い致します。
    • 坂野
    • 2016.05.18 Wednesday 11:02
    坂野さん
    この記事を見ての質問は非常に多いなぁと感じています。それだけ脳炎で悩んでいる方が多いと言うことだと思います。実は現在パグ脳炎の子もろもろの事情により私が面倒をみることになり居候しています。先日も夜突然けいれん発作が起きました。眼は見えず、旋回運動を繰り返しているような状態ですがなんとかがんばっています。
    日獣大の脳神経科は確かですので先方の先生と相談されるのがベストだと思います。
    • 大久保
    • 2016.05.22 Sunday 09:58
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM