<< 犬の肝臓腫瘍 手術 完全肝葉切除  | main | トイプードル レッグカルベペルテス病(大腿骨頭壊死)手術 骨頭切除 >>
2017.07.25 Tuesday

重症熱性血小板減少症候群(SFTS) 猫から人へ

0

    数年前、マダニからヒトへ感染する、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)というウイルス性の病気が新たに発見されました。

    主に西日本で感染が認められ、残念なことになくなってしまう方も報告されています。

     

    ダニの媒介により感染する病気は他にもあり、

    草むらに入るときは刺されないよう厳重に素肌をカバーして気をつけることで予防対策がなされてきました。

     

    重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の概要は、リンクしておきます。

    国立感染症研究所(https://www.niid.go.jp/niid/ja/sfts/3143-sfts.html

    厚生労働省(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts_qa.html)

     

    上記のリンクにも記載がある通り、SFTSは流行地域において猫や犬でも感染発症している症例の報告があります。

    が、その飼い主や診察した獣医師への感染は認められませんでした。(ヒトからヒトへの感染は報告があります)

     

    そんな中、昨夜、我々獣医師にとってかなりショッキングな事案が飛び交いました。

     

    ーマダニ感染症、猫から感染 女性死亡 「ネコからヒト」初確認ー

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H7H_U7A720C1CR8000/

     

    私の住んでいる神奈川県では、幸いウイルスを持ったマダニや感染した野生動物は確認されていませんが。

    https://n-d-f.com/nomi_madani/sfts/

     

    流行地域で診察を行なっている獣医師の先生方は、かなり深刻ではないでしょうか。

    今までも獣医療に従事していれば感染症のリスクは当然あったものの、

    正直それほど考えてはいませんでしたが、

     

    今日からは、より真剣に考えなくてはいけなくなりました。

     

    近年、大きなムーブメントとなっている殺処分「0」、犬や猫の里親探し、野良猫の保護活動など。

    私も個人的に活動に協力している方々がいます。

    そのような活動をしておられる方々も注意が必要です。

    動物が移動すれば、このような病気も移動します。

     

    猫は室内で飼うこと、犬はノミダニを含む予防をきちんと行うこと。

    飼い主さん自身を守ることにもなりますし、

    飼い主さんの意識の高さが我々獣医師を守ってもらうことにもつながります。

     

    この仕事は、お互いの信頼関係のもとで成り立っています。

    良い関係が築けると、良い仕事につながります。

     

    最近テレビのニュースでは、「獣医師」というワードを聞かない日はありませんが・・・

    もう少し本質を語ってもらいたいものです。

     

    将来、「ダニ予防していない犬猫は診ることができません」なんて日が来るかもしれません。

    今一度、動物を飼うことってどういうことか・・・考えてみてはいかがでしょうか。

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM