<< 小学校の先生になる | main | ダックスの椎間板ヘルニア 手術 >>
2018.03.30 Friday

猫の尿管結石・腎結石 水腎症 SUBシステム 手術

0

    おなじみの尿管結石、水腎症。

    これぞ、SUBシステム症例(いいのか悪いのか?)。

    というような感じの子が来たので、ご紹介します。

     

     

    来院したのは、6歳になる雄猫のTちゃん。

    飼い主さんは、古くから当院に掛かられている方で、猫のこともよく知っています。

     

    来院した理由は、

    「最近、よく水を飲むんです」とのこと。

     

    若いし、体格いいし、「糖尿病かな??」なんて感じで血液検査をしてみると。。。

    BUN 71  Cre3.2  IP7.9・・・腎臓やられてんじゃん!!_| ̄|○

     

    すぐさまエコーとレントゲン

    わかりずらいですが、左右腎臓の中と尿管の位置に細かな結石が多発。

     

    エコーでは、左右腎臓ともにしっかり水腎症。

     

    決まりです。詰まってます。

    尿管閉塞といえば、このところ紹介症例ばかりでしたが。

    まさかうちの子がガーンネコ

     

    幸い、腎臓の数値もそれほど上昇しておらず、食欲もあるとのこと。

    尿検査でも、細菌感染は認められません。

     

    「そういうことなら」と、話し合い。

    「細かな結石は全て取ることはできません、SUBシステムが適応と考えます」

    とお伝えすると(実際にはものすごく詳しく話しますが)

    飼い主さんも、すぐに状況を理解していただき「お願いします」とのこと。

     

    その日の晩には、手術となりました。

     

    ここ数年、SUBシステムを使用して経験させてもらいましたが、

    何しろ細菌感染が命取りとなります。

    最初から感染を起こしている子もいるので、抗生物質で叩き、培養検査が陰性になって、

    それから入れてるのに、再度感染を起こします。

     

    感染を起こすと、腎機能にも影響が出ます。

    今回のような、感染の無い状況での閉塞は、間髪入れず設置する。

    どうも、その手しかないようです。

     

    当のTちゃんは、ゆっくりと腎機能も回復し、1ヶ月後にはCre1.9。

    入れた直後から、頻尿が継続していましたがそれも治り、調子も良さそう。

     

    まだ若いですから、なんとか長くもってもらいたい。願うばかりです。

     

     

    おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM