<< 猫の尿管結石・腎結石 水腎症 SUBシステム 手術 | main | 満開!! >>
2018.05.01 Tuesday

ダックスの椎間板ヘルニア 手術

0

    昔と比べて、ダックスが減ったからなのか?

    椎間板ヘルニアの手術をすることが減った気がします。

     

    多いときは年に数頭行っていたのですが、最近はご無沙汰。

    犬種によって出る病気も違ってきますので、全てに対応していくのは本当に大変です。

     

    そんな中、いつも元気に来院しているRちゃん。

    突然、後ろ足がおぼつかなくなり、立ってるのもやっと。

    神経学的検査からも、椎間板ヘルニアが疑われました。

     

    クレード分類では、G3。

    まずは、入院してもらい薬を点滴、24時間の改善を診てみます。

     

    鳴くことも無く、お利口さんに治療を受けていたRちゃん。

    さて、薬の効果の程は??

     

    「いまいち」です。

     

    こうなると、飼い主さんと相談。

    MRIを撮影してきてもらい、ちゃんとした診断をします。

    本当に椎間板ヘルニアか?椎間板ヘルニアならどこでどのくらい圧迫があるか?

     

    結果は・・・

    見事に胸椎の12番と13番の椎間に重度の圧迫がみられました。

    画像で見る限り、それは本当に重度の圧迫で、症状の軽さにびっくりしてしまうほど。

    実際、MRI撮影日には、結構しっかり立って不安定さも無くなっていました。

    「結構治ってきてるなぁ」「手術どうしようかなぁ」

     

    翌日は、ちょうど脳神経科の先生の講義でしたので、その先生にも画像をみてもらい相談。

     

    「重度の圧迫はあるんですけど、症状が軽すぎて・・・」

     

    経験的にも手術をすると一時的に症状は悪くなるでしょうし、

    このケースでは、よくなってきても症状はしばらくの間同じくらいかもしれません。

    やった結果と、やらなかった結果にあまり差が感じれないかもしれないので、

    飼い主さんの理解が相当あってくれないと

    私としても手術の提供が難しいんです。

     

    「先生の気持ちわかります、獣医学的にはやった方がいいけど、微妙ですよね・・・少し様子みますか!?」

    「ですよね、やっぱり先生もそうですか。」

     

    なんてやり取りをして、悶々としながら帰宅。

     

    翌日、再度腹を割った話を飼い主さんとして、家での様子をみてもらうために一時退院(ケージレストは継続です)

    週末みてもらい、ご夫婦で相談してもらうことにしました。

     

    そして、再診。

    「先生やっぱり、左後肢に麻痺が残ってるみたいです、手術してください」と飼い主さん。

     

    診察してみると、退院時よりも若干麻痺が悪化。

    「わかりました、やりましょう!!」

     

    早速手術です、以前のブログにも書いたように脊髄神経の周りの脊椎(骨)に穴を開けます。

    慎重に・・・すると、MRIでみてたとうり、椎間板物質が脊髄神経を覆うようにくっついてました。

    その椎間板物質を取り除いて無事終了。

     

    そして肝心の術後のRちゃんですが、みるみるうちに改善、ホッとしました。(飼い主さんよりホッとしてるかも汗

     

    元気な姿で、尻尾もブンブン降っての帰宅となりました手

    こういう外科って、やってても気持ちがいいです。

     

    おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM