<< 猫の尿管結石(尿管閉塞) 水腎症が消えた | main | 猫 おしっこが出ない 膀胱結石 膀胱アトニー(膀胱弛緩) >>
2019.07.01 Monday

猫の尿管結石(尿管閉塞) 水腎症が消えた その2 SUBシステム 手術

0

    先月お伝えした、水腎症が消えたHちゃん。

     

    順調に経過したかと思ったら・・・

    1ヶ月後再発。

    消えた水腎症は、再び出現。

    そんなに甘い状態ではなかった様です。

    1.jpg

     

    前回のブログにも書いたとおり、飼い主さんも理解してくれていてすぐに手術。

    SUBシステムを設置。

    手術時間も1時間程度で無事に終了。

    1372_takenaka^hotate==_06-22-2019 21_20_24_1-1.jpg

    1372_takenaka^hotate==_06-22-2019 21_20_39_1-2.jpg

    腎臓に貯まっていた尿は、真っ赤っかの血尿。

    設置後その血尿は2−3日続きましたが、その後は綺麗なオシッコに。

    食欲も出てくれて一安心です。

     

    若干の問題はあるものの、順調に経過してくれています。

     

    今後は、SUBシステムの観察とともに右側の腎臓もみていかないといけません。

    まだ、5歳と若い子ですから長く生きてもらわないと困ります。

     

    猫の尿管閉塞、やっぱり大変な病気です。

     

    おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM