<< Happy New Year 2020 | main | 子犬を飼い始めた飼い主さんへ と+α >>
2020.02.01 Saturday

オス犬の膀胱結石 尿道閉塞 おしっこが出ない

0

    今回は、オス犬の膀胱結石についてのお話です。

     

    今年に入って、

    膀胱結石による排尿困難の手術がもう4件。

     

    泌尿器やってるからといってもここまで集中すると、みんなでびっくり。

     

    そうは言っても、当のワンちゃん達はおしっこが出ないわけですから、

    それぞれ辛い思いをしながら飼い主さんに抱えられて来院します。

     

    このブログには何度も話に出てきている結石。

    リン酸マグネシウム(ストラバイト)・シュウ酸カルシウム・尿酸アンモニウム・シリカなど・・・

    結石成分の種類は様々。

     

    どの成分がああとかこうとか、そんなことはともかく。

    オス犬は、1個の結石だったとしても詰まるときは詰まります。

     

    マメチ.jpg

    この子の場合は、発見しずらい尿酸アンモニウム結石だったため、尿道造影写真で紹介します。

    たった1個ですが、排尿はポタポタしか出ません。

     

    てん.jpg

    この子の場合は膀胱にも大きな結石があって、すでに尿道に詰まっていますが、排尿はできていました。

     

    ふく.jpg

    過去の症例ですが、尿道内にズラッと結石が並び、膀胱内にも多数。思いっきり排尿困難。

     

    くう.jpg

    この子は、尿道造影したかのように尿道内は結石で満たされていました。

     

    結石はあっても、意外と排尿できていたりすれば飼い主さんも気がつかないことも多く。

    たまたま撮ったレントゲンに写ったりすることも多々あります。

     

    ただそのとき排尿できていたとしても、いずれ詰まることが予想されますので、

    私としては手術による積極的な結石摘出をお勧めします。

     

    おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM