2015.06.07 Sunday

犬 心タンポナーデ・心嚢液貯留 僧帽弁閉鎖不全症

0
    ある日の夜、急患の電話が一本はいりました。

    普段から、急患と言っても電話のみで終わることもあるため、とりあえず今の状況を伺うと

    「他の病院で心臓が悪いと言われてまして、しかもここ一週間で元気がないんです・・・」

    これは、診ないとダメです!!
    「では、お待ちしています」と待つこと10分。

    今までの治療やこれまでの経緯を伺い、診察、そのまま血液検査と胸部レントゲンの撮影。
    心臓はとんでもないことになっていました・・・ガーンネコ

    胸腔内いっぱいの心臓!!!

    ただし、とうのRちゃんは元気はないものの緊急性はない様子。
    夜間の診察でしたのでこれからスタッフ全員集めるのも難しく、
    明日朝一番で心臓の精査をお約束し、できる限りの治療をして一晩様子を見ることに。

    翌朝、心臓のエコー検査をしてみると・・・やっぱり!


    心臓(心筋)はその周囲を心嚢膜(しんのうまく)という膜で包まれています。
    レントゲンなどで一般的に見えている心臓は、心嚢膜に包まれた心筋を見ています。

    その心嚢膜と心臓(心筋)の間に液体が貯まってしまうことを心嚢液貯留と言います。
    心嚢液が貯留してしまうと圧迫のため心臓がうまく動かなくなってしまいます。
    このような状態を「心タンポナーデ」と言います。
    犬の場合、原因は心臓に発生する腫瘍などが一般的ですが、特発性といって原因が分からないもののあります。

    いずれにせよ、とにかくこの心嚢液を抜いてあげないと始まりません。

    「心嚢穿刺」・・・
    心嚢膜に針を刺して心嚢液を抜きます!!心臓めがけて針を刺します!!!
    なんか、テンション上げてる感じですが・・・
    動かれてはいけないので鎮静剤を投与します、局所麻酔も併用します。
    忘れた頃にやってくるこの病気、とても緊張する処置です。

    結局、血様の液体が約60ml。
    きれいにほぼ抜けて。心電図・血圧ともに良好。
    追加で行った心嚢液や諸々の検査では、腫瘍ではなく特発性の貯留を疑う所見でした。
    これで、とりあえず一山超えた感じきゃvネコ

    一週間後の胸部レントゲンでは、心臓は元のかたち??にもどって・・・
    (実はもともとの心臓も僧帽弁閉鎖不全症が原因でかなり拡大しているのです)


    あとは、この拡大した心臓をどうやってコントロールしていくか!

    小型犬には多い、僧帽弁閉鎖不全症。
    (心臓内の血液の逆流を防ぐ弁がちゃんと閉まらない病気、うっ血性心不全を起こします。)

    どんな病院でも治療はしていますが、
    軽度のものならまだしも、重度の症例は苦労します。
    いかに肺水腫を出さないよう、壊れてきたポンプをいかに長持ちさせるか!!

    肺水腫になった時は!・・・とにかく救命(昔よりいい薬があるので救命率は実感としてあがっています)

    ポピュラーな病気ですが、反省と経験と最新の資料を元に治療しています。
    奥が深いんです・・・

    現在は数種類の薬を飲んでコントロールしています。
    先日の来院では、「動きたくてしょうがないんです」と飼い主さんがおっしゃっていました。

    高齢だし、この心臓だし、あまり激しいのはちょっとね汗

    その後、腎不全も発症し2つの病気の治療中。
    まあ、それでも元気いっぱい。
    一日でも長く、この状態を続けられるようにサポートしていきます。


    おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com






     
    2014.06.02 Monday

    メス犬 膣の巨大腫瘍 膣平滑筋腫 排便困難

    0
       ある日の朝、保護した犬・猫の里親探しなどをされているなじみの患者さんからの1本の電話が。
      「朝からすいません!!大変な犬がいるんですけど連れて行っていいですか?」

      連れてこられた子は、ほとんど動く気力もなくぐったり0口0

      くるまれていたタオルをめくって、全体の状況をみてみると更にビックリ
      外陰部からとんでもないものが顔を出しており、肛門を押しのけるように会陰部全体がとてつもない大きさになっていましたガーンネコ



      保護してくれた患者さんとも相談し、リスクは非常に高いですが
      「とにかくこの大きなものをどうにかしないことには今後はない」と判断、手術に踏み切りました。
      ただし、私自身も何者なのかある程度予測はできたものの、実際はやってみないとわからない状態でした。

      手術すること1時間半…。
      血圧の低下があり緊急に薬を投与したりと麻酔管理も決して楽ではなかったですが、
      完全に摘出することができ、大急ぎで縫合を終わらせなんとか全てが無事に終了うれCネコ

      病理検査の結果は「平滑筋腫」。
      基本的には良性に分類される腫瘍です。避妊手術をしておくことで防ぐこともできます。
      ここまで大きいのはみたことがないですが、膣の筋肉層から発生する腫瘍で
      飼い主さんも気づかないうちに大きく育ってしまうこともしばしばあります。
      大きくなることで周辺の臓器を圧迫し、おしっこが出づらくなったり・便が出づらくなったりすることもあります。
      この子も、おそらく排便困難があったでしょう。

      まあ、とりあえず一山は超えて日に日に元気になってはきたのですが。。。
      当初、飢餓状態で手術したため傷はくっつかないは、
      くすぶっていたであろう子宮蓄膿症は発症するはで(血液中のタンパクが上昇してきたところで2回目の手術を実施)
      山あり谷あり・・・

      それでもなんとかすべてクリア!!何しろこの子自体がよくがんばりました!!!
      12日間入院して無事に帰宅、後は通院でどうにかなりそうですあひゃネコ

      平滑筋腫・・・良性といえども侮れない腫瘍です。

      追伸
      今回いろいろとご心配していただいた方がたくさんいらっしゃると伺っています。
      この子にかわって感謝します。
      元気になりましたので、優しい里親さんが見つかってくれることを願います。

      おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com
       
      続きを読む >>
      2013.07.19 Friday

      犬 慢性リンパ球性肝炎 肝生検 治療

      0
         犬もヒトと同様に肝炎になることがあります。

        年をとって肝臓が痛んでくるような慢性肝炎ならまだよいのですが・・・

        早ければ4歳くらいから起こる重度の慢性肝炎があります。

        子犬のころから診ている、M.ダックスの女の子
        いつも元気に病院に来ていたのに・・・
        突然1週間くらい前から、元気・食欲がなく時々嘔吐もみられるとのこと。

        しかも発熱があるようで、体も熱い。

        とにかく原因を知るために、検査をしました。
        すると・・・
        肝臓のダメージを示す項目はすべてスケールオーバー、くわえて胆嚢にも炎症が波及しているようです。
        このような異常を示す病気で時々出会うのが、「人間のかぜ薬を間違って食べてしまったときの中毒」最初はそんな疑いを持ちましたが、詳しく見ていくと中毒のレベルではないほど数値が上昇していました。これはただ事ではない・・・・ 
        「慢性肝炎の疑いが強い。」

        とにかく嘔吐の治療をしつつ、肝臓の保護に努めます。
        熱も下がり元気食欲も戻ったのですが、なかなか数値が下がってこない!!しかもつられて胆嚢炎も悪化。

        そこで飼い主さんと相談、
        このような慢性肝炎はステロイドに反応することが多いのですが、この子は3歳半まだ若いしこれからの薬の選択のこともあるので、きちっとした診断を下すため開腹して肝臓の生検(一部を切り取り病理組織検査を行う)を提案をしました。
        さらには、もしも胆嚢の状態も悪ければ胆嚢切除も同時に行うということで、同意していただきました。

        待つこと数日、ある程度肝臓胆嚢の数値が下がったところで、いざ開腹。


        肝臓は少し表面がデコボコして、すこし黄色がかった感じ。
        いつも見る肝臓とはやはり違います。
        胆嚢は・・・・きれい。摘出せずに温存。

        肝臓の一部を切り取って病理組織検査へ・・・さらに待つこと数日。
        「慢性リンパ球性肝炎」  診断がつきました。

        そうと決まればステロイドの投与を開始、飲み初めた翌日よりすこぶる調子が良いようで。
        飼い主さんと一緒に一安心。
        今後も薬を続けながらの生活になると思うけど、Cちゃん一緒に頑張ろう!!


        おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com
        2012.04.25 Wednesday

        猫の腸炎

        0
           
          「猫が年をとると慢性腎不全になる」 猫を飼っていると、みなさん一度は耳にしたこともあるかと思います。

          それとは別に、昔から腎不全ほどの確率ではないですが、「膵炎・胆管肝炎・腸炎」も年をとった猫がかかりやすい病気とされています。(単独でももちろん、2つが併発している場合もあります。)

          そのなかでも、今日は腸炎の話を2症例。

          1症例目は、17歳になるアメショーのSちゃん
          当院で診るまで、数ヶ月間食欲不振と間欠的な嘔吐を訴え,病院に行くもなかなか治らず。。。
          飼い主さんの献身的な看護やこれまでの治療のお話を聞かせていただき、現状把握のため検査を行うと、レントゲンにて明らかに腸がおかしいことに目がいきます。


          そこで飼い主さんに、
          「これ、腸自体の問題だと思うのですが、試しにこのご飯(処方食)を食べてステロイドの投与を行ってみませんか?」
          ここまでの経過も長いので入院させて集中的に治療すること数日、以前がうそのように食べるようになりました。
          さらに治療継続すること7カ月、元気も食欲もあり(もちろん嘔吐はありません)、もともと腎不全もあったのでそちらの治療も行いながら・・・
          現在ではステロイドも減薬できて、飼い主さんにも笑顔がもどっています。
          Sちゃん、処方食好き嫌い言わずに、ちゃんと食べてね!

          2症例目は、10歳になる黒猫のMちゃん
          毎年冬に行っている猫の健康診断キャンペーンでのお話です。
          一般的な血液検査と尿検査で、腎不全の早期発見を目的に行っている検診ですが、腎不全の徴候は見られないものの尿検査にて引っ掛かることがあったので、除外診断もかねて超音波検査とレントゲン撮影をしました。尿での異常は、ある種の問題をお話し経過観察とさせていただきましたが、どうも、腸がいやらしい感じです。


          飼い主さんとお話をすると、「1カ月前から、軟便なんです。以前は良いのが出てたのに、気になってたんです。」とのこと。
          「ですよねぇ、こちらとしても腸がものすごく気になるんです。腸自体の問題の可能性がありますので、まずはこの処方食、食べてみてください。改善しないようなら、ステロイドを試します。」

          最初に処方したご飯は、お気に召さなかったようで、違うものを用意しました。するとこちらはお口にあったようで、喜んで食べはじめそれから数日、以前のような良い便が出ました。飼い主さんも大満足。


          この病気、きれいさっぱり治ってしまうわけではありません、付き合っていく病気です。
          今回ご紹介した子達は、うまくいっていますが、中には腸のリンパ腫や腺癌などが原因の場合も経験します(そのような病気の多く子は、おなかの中にしこりを触知します)。
          そんなことも絡んでくる病気なので、開腹にて腸組織を採って検査することで、確定診断を行います。しかし、しこりも触らないのに最初からそんな検査なかなか難しいので、まず試してみて考えるということで「あり」かと思います。

          猫の慢性軟便・嘔吐・・・こんな病気かもしれません。気になる方は、一度ご相談ください。
          おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com
          2012.04.05 Thursday

          犬の免疫介在性溶血性貧血 IHA

          0
             
            さて、免疫介在性溶血性貧血(IHA)という病気があります。

            簡単に言うと・・・

            免疫機能が誤作動を起こし、自分の赤血球を攻撃し壊してしまう、非常に厄介な病気です。
            程度の差はあるものの、当然のことながら貧血を起こします。

            当院でも、年間数例この病気に出会います。 犬も猫も。

            約1年前のことです、
            数日前にフィラリア予防のため、いつものルンルンな様子で来院していた、T.プードルのAちゃん。
            突然元気がないとのこと、早速診察してみると、歯肉も舌の色も真っ白!!重度の貧血!!!
            検査の結果、IHAと診断しました。



            血液は自己凝集し、赤血球の壊れる速度も速い、IHAでも嫌なパターン 
            治療開始です!治療費はかかりますが、中途半端なことをやっても助かりません。
            病気を理解してくださった飼い主さんも「お願いします」とのこと。

            ステロイド、シクロスポリンの投与を開始し免疫機能を抑制、さらに輸血も。
            この病気、貧血はもちろんですが、血栓が詰まったりして亡くなることが多いのです。
            そのために、低分子へパリン(血を固まりにくくする薬)の投与もします。

            それでも、ガンガン赤血球は壊れていきます・・・
            最後の頼みの綱、ガンマガード(ヒト免疫グロブリン製剤)の投与、さらに2回目の輸血・・・



            集中治療すること数日、なんとか、自己凝集は治まり、壊れる速度も遅くなりましたが、まだまだ手を緩めるわけにはいきません。
            免疫誤作動の嵐がおさまるまで、じっと我慢で投薬を続けます。

            それでもなんとか、途中に山あり谷ありでしたが、飼い主さんの献身的な看病と理解もあり、いまだ投薬は行っているものの、大きな副作用もなく、かなり減薬も可能になり、いつものルンルンな感じで月に2回ほど来院しています。
            よく頑張ってくれました         

            しかし、この病気・・・治療に反応せず、亡くなってしまうことも多いのが現状です。
            現在、3頭この病気と闘っている子がいます。
            なんとか、みんな元気! これからも頑張ろう!!

            おおくぼ動物病院 www.okubo-vet.com
            Calendar
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << May 2020 >>
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM